キッチン

中学校の頃の英語の授業で、キッチンのスペルを覚えるのに、

先生は、きっとチェン、と覚えると覚えやすいよとアドバイスをくれました。

なぜ、キッチンだけそんなに丁寧に覚え方を教えてくれたのか、今になってわかりました。



キッチンの天板です。

ガスの栓が干渉するので穴を開けます。

こーゆーアールを出すのもお手の物になってきました。

一応曲線を切る鋸を使っています。鋸と書いてノコギリと読みます。


合わせてみると、はまりません。

採寸が間違っていたみたいですが、こんなことでは挫けなくなりました。

挫けなくとかいてくじけなく、と読みます。

ブログを書いていると、PCが変換してくれるので、勉強になりますね。

勝手に変換してくれる。

より一層漢字が書けなく、読めなくなってきますね。

けど安心してください。

かめやはひらがなです。


修正してハマりました。

天板に蜜蝋ワックスを塗ります。

蜜蝋は殺菌作用だか抗菌作用、木材保護の役割を果たします。また光沢も出ていい感じです。

この蜜蝋は、私の育てている蜂からいただきました。


ワッフルマシンを置いてみます。

かっこいいなー!

早速焼きました。


蜂蜜とスパムを添えて。

蜂の巣ワッフルの出来上がりです。


閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示